鷹、ロッテに完敗で3位転落 工藤監督は武田に苦言「屈辱に思わないといけない」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

打線は苦手・二木の前に沈黙「対策を考えていかないといけない」

■ロッテ 4ー1 ソフトバンク(11日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは11日、本拠地・PayPayドームで行われたロッテ戦に4-1で敗れた。これで3位に転落。2015年以来、6年ぶりの6カード連続勝ち越しなしとなり、苦境から脱出することはできなかった。

 先発の武田は初回、先頭の荻野を内野安打で出塁させると、2死二塁から安田に左前適時打を浴びた。3ボールからの4球目を打たれて先制点を奪われた。2回にはレアードにまたしても3ボールからの4球目を左翼スタンドに運ばれて2点目を失うと、この回、荻野にも適時打を浴びた。

 4回にはレアードに、今度は初球の144キロを弾き返されて、この日2本目となるソロ本塁打を被弾。5回以降は立ち直って7回まで投げたものの、7回7安打4失点。工藤公康監督は「打たれることもあるんですけど、ツーアウトから打たれる、ワンアウトから送られてタイムリーは自分の中でも屈辱に思わないといけない。打たれたら次は絶対打たせないとそこでギアを1個上げるくらいのピッチングを見せてくれないと」と右腕に苦言を呈していた。

 打線は苦手の二木の前に沈黙。初回先頭の周東が中前安打を放ったものの、5回までに安打はこれだけ。6回に周東の四球、牧原大の右前適時打で1点を返したが、反撃はここまで。指揮官も「投手の立ち上がりは制球が安定しないとかあるんで、そういうチャンスはモノにしていかないと、とは思いますけどね。僕らも作戦を考えていかないといけないのかなと思います。僕自身も受け止めて対策を考えていかないといけないのかなと思います」と肩を落としていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY