DeNA、8年ぶり巨人戦開幕5連敗 FA流出した梶谷&井納の穴は大きかったのか?

DeNA・三浦監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦監督【写真:荒川祐史】

2014年から隔年で勝ち越しor5分…今年は負け越し年?

■巨人 4ー2 DeNA(11日・横浜)

 DeNAは11日、本拠地・横浜スタジアムで行われた巨人戦に2-4で敗れた。今季の巨人戦はこれで0勝5敗2分で、開幕5連敗は2013年以来8年ぶり。昨季は12勝12敗で5分の対戦成績だったのに、今季はなぜこれほど勝てないのか。

 この日の7回、巨人の攻撃中に微笑ましい一幕があった。2死走者なしで打席に入った巨人・梶谷は、DeNAの左腕エスコバーのスライダーをとらえ切れず投ゴロ。捕球したエスコバーは一塁へ送球せず、そのまま一塁線上に立ちふさがり、打者走者の梶谷を待つ格好になった。梶谷が観念して、すっと右手を差し出すと、エスコバーはボールを持っていない左手でやさしくタッチ。

 これだけだと、野球規則上は正式なアウトにならないが、その後ボールを持った右手で梶谷の尻付近をポンと叩いた。梶谷は昨季オフにDeNAから巨人にFA移籍したばかり。変わらない友情を垣間見せたシーンに、ハマスタに足を運んだ観客9991人から拍手が沸き起こった。

三浦監督は守護神・三嶋に「やり返してくれると思います」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY