DeNA三浦監督が頭を悩ませる繋がらない打線 2番打者の人選と新人・牧の打順

DeNA・牧秀悟【写真:荒川祐史】
DeNA・牧秀悟【写真:荒川祐史】

チーム盗塁数「8」は12球団ワーストで唯一の1桁

■巨人 4ー2 DeNA(11日・横浜)

「もう1本が出なかった」。DeNAの三浦大輔監督は敗戦後に、こう口にすることが増えた。4月に2分けを挟み10連敗を喫した時のどん底の状態は脱し、コロナ禍で遅れてチームに合流したタイラー・オースティン外野手、ネフタリ・ソト内野手の長打で豪快に打ち勝つケースが増えたが、ここぞの場面で1点を取れない拙攻が目立ち始めた。

 11日に本拠地・横浜スタジアムで行われ、2-4で惜敗した巨人戦も象徴的だった。1回にはオースティンが同点6号ソロ。1点ビハインドとなった5回にも、オースティンの左前適時打で追いついたが、なおも続いた1死一、二塁の勝ち越し機には、5番の牧が空振り三振。6番のソトも三ゴロに倒れ、巨人先発の戸郷を崩し切れなかった。同点の7回にも2番手の野上を攻め、1死一、二塁と詰め寄ったが、4番の佐野が一ゴロ、続く牧も右飛に終わった。三浦監督は「食らいついていったが、もう1点が遠かった。中盤(5回)もそう。もう1点というところで同点止まりだった」と悔しさをにじませた。

 拙攻が多い一因が、走力にあることは間違いない。11日現在、チーム盗塁数「8」は12球団ワーストで唯一の1桁。昨季の年間31も12球団ワーストだったが、そこからチームトップの14盗塁を稼いでいた梶谷が巨人へFA移籍してしまい、そもそも走れる選手が圧倒的に少ない。オープン戦では失敗を厭わず、数多くトライし経験値を積んだが、そう簡単に成功するようになるものでもない。

3番では打率.388、5番では1割台の牧

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY