大谷一問一答 リアル三刀流に滲み出た本音 右翼守備は「もちろんいきたかった」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

今季最長7回を投げて今季初の2桁10奪三振「ロスなく効率良く投げられた」

■アストロズ 5ー1 エンゼルス(日本時間12日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地のアストロズ戦に「2番・投手」で出場した。メジャー3度目の投打同時出場。今季最長7回で10奪三振1失点と好投したが、今季2勝目はならなかった。降板後は右翼手でプレー続行。4打数1安打で打率.265となった。“リアル三刀流”はメジャー自身初だったが、チームは1-5で敗れた。

 白熱した投手戦を演じた。4回にメジャー通算100奪三振に到達。通算75回1/3での到達は2006年の斎藤隆(ドジャース)が記録した75回に次ぐスピード到達となった。今季最長7回を投げ、今季初の10奪三振4安打1失点と好投した。

 同点の場面での降板となり今季2勝目はならなかったが、降板後の8回の守りからメジャーで初めて右翼の守備に就いた。同1死一塁ではディアスの右前打を打球処理した。

 バットでは2打席凡退で迎えた7回先頭ではマカラーズJr.から右前へ打ち返した。打球速度95マイル(約152.9キロ)。投打同時出場した試合では3戦連続安打となった。9回1死の第4打席は見逃し三振に倒れた。チームは同点で迎えた8回の4失点が響き、3連勝はならなかった。

――投球を振り返って。
「投げ始める前は体が重いかなと思ったんですけど、それがちょうどいい感じでいけたかなと思います。全体的にメカニック的にもロスなく効率良く投げられましたし。ガチャガチャ投げるのではなく、ある程度まとまっていたかなと思います」

――真っすぐの球速が前回から落ちていた。制球力を重視したか。
「単純に今言った通り、体がちょっと重かった。そういう部分かなと思いますけど、軽く投げた割にはいっていた方かなと思います」

――右翼の守備は。
「楽しかったです」

――右翼守備はいつ言われたか。マドン監督から言われた時は。
「6回の攻撃の時ですかね。僅差で打席が回ってくるところだったので、自分的にはもちろんいった方が。もちろんいきたかったですし、良かったんじゃないかなと思います」

登板後の守備は「監督次第。僕が打者で結果を出せていないと」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY