ダルビッシュ、4回1失点に「大人になったと」 相棒の決勝満弾には「とにかく文句を…」

試合後会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)
試合後会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)

コロナ激震のチームは3連勝「みんなで勝ち取った試合」

■パドレス 5ー3 ロッキーズ(日本時間13日・コロラド)

 パドレスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、敵地でのロッキーズとのダブルヘッダー第1戦に先発。7イニング制の試合で4回を投げ、2安打2奪三振1四球1失点で今季4勝目とはならなかった。試合後の会見では「首脳陣と僕の考えがちょっと違った。自分はもっといくつもりでしたけど、あそこ(4回)で交代だった。試合は勝ったので良かったです」と話した。

 初回に味方野手のミスも重なって2死二塁を招くと、4番ストーリーに中堅への適時打を許して先制点を献上。しかし、2回から2イニング連続で3者凡退に。4回は2死走者なしから左翼手ファムが打球を見失うミスが二塁打となって得点圏にランナーを背負うも、続くアダムスを投ゴロに斬ってみせた。打者15人に計76球を投げ、ストライク48球。防御率2.08となった。

 マウンドを振り返り「真っ直ぐがあまり良くなかったので、カットボール、スライダーを多めに投げました」と投球内容を説明。体にキレがなかったというが「そういう時でも4回1失点だったので、大人になったなと」とうなずいた。

 チームは主力のタティスJr.とマイヤーズが新型コロナウイルスに感染。他にも濃厚接触などの可能性がある野手が続々と故障者リスト(IL)入りする事態に。打線の大幅入れ替えを強いられて臨んだ一戦だったが「このチームのいいところは、負けていても、誰かがいなくても雰囲気は変わらない」と強調。チームの3連勝に貢献し「このメンバーでも勝てるんだと思ってたでしょうし、みんなで勝ち取った試合」と語った。

 6回に決勝の満塁本塁打を放った“専属捕手”のカラティニに対しては「(本塁打の瞬間は)クラブハウスにいたんですけど、速攻でユニホームに着替えてベンチに行って、とにかく文句を言ってました」とうれしそうに説明。「なんであのピッチャーは真っ直ぐ投げたんだ。だから打てたんだよ」などと冗談まじりに祝福したことを明かした。

【動画】ダルビッシュの相棒、カラティニの満塁弾

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY