会見わずか3分で切り上げ… 鷹・工藤監督が初めて見せた“落胆の色”

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

普段は10分以上、報道陣の質問に応える工藤監督が…

■ソフトバンク 8ー8 ロッテ(12日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは12日、本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦に8-8で引き分けた。先制しながら逆転を許し、再逆転するも追いつかれるというシーソーゲームの末に、痛恨の引き分けに終わった。

 見たことがないほど落胆した工藤公康監督の姿がそこにはあった。試合後、報道陣の前に現れた指揮官の視線は宙を彷徨った。10秒ほどの沈黙のあと、「野手はよくひっくり返したところまでは良かったんですけど、ね。はい」と語り出したが、そこから、なかなか言葉が続かない。普段は負けた試合でも10分以上、報道陣の取材に応じるが、この日はわずか3分ほどで自ら切り上げた。就任して7年。初めてとも言えるほど、ショックの色が濃い姿だった。

「今日勝てなかったのは僕の責任です。すいません。今日は勝たなきゃいけない試合だったので…」

 2回に上林の犠飛で先制すると、3回には主砲・柳田に9試合ぶりの本塁打となる特大の7号2ランが飛び出した。3点を先行し、優位に試合を進めていたが、5回に突如、暗転した。4回までパーフェクト投球だった先発の和田が捕まった。ロッテ打線に打者一巡の猛攻を浴びて7安打で大量6失点。試合をひっくり返された。

2点リードを迎えた9回にモイネロが追いつかれる

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY