大谷翔平は「笑えるくらい凄い」 泳ぎながらグリーンモンスター越え弾に米驚愕

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回の第3打席でリーグトップに並ぶ11号ソロを放つ

■Rソックス ー エンゼルス(日本時間15日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が7試合ぶりの一発となる11号本塁打を放った。14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席でグリーンモンスターを越えるアーチをかけ、米メディアの度肝を抜いた。

 ここまで無失点と好投していた先発のピベッタのカーブを捉えた。やや泳ぎながらバットに乗せた打球は左翼にそびえ立つ約11メートルのグリーンモンスターを越えてスタンドイン。二刀流の“元祖”ベーブ・ルースがプロデビューを果たしたボストンのフェンウェイパーク初の本塁打を放った。

 泳ぎながら、グリーンモンスターを越える驚愕の一撃に米メディアも驚きを隠せなかった。試合を中継する「バリー・スポーツ・ウエスト」の公式ツイッターは「このスイングがホームランになった。ショウヘイ・オオタニは信じられないぐらいストロングだ」と唖然。また、「バリー・スポーツ」のピート・ブラッグバーン氏も「オオタニは笑えるぐらいすごい」と呟いた。

 米「ヤフースポーツ」の公式ツイッターも「オオタニが逆方向に打って、しかもグリーンモンスターを越えた」と驚きを伝え、MLB公式サイトの人気番組「セスペデス・ファミリー・BBQ」のツイッターも「これは私が今まで見た中で最もクレイジーなホームランだ。オオタニは並外れている」と記した。

 大谷の本塁打はこれで11本目となり、インディアンスのホセ・ラミレスに並び、ア・リーグトップタイに再浮上。6日の(同7日)のレイズ戦以来、本塁打が出ておらず、7試合ぶりの本塁打となった。また、この日2安打として、7日(同8日)のレイズ戦以来6試合ぶりのマルチ安打となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY