大谷翔平、初回先制チャンスしぼむ走塁死 指揮官苦言「自動車事故のようなものだ」

第1打席で左翼線安打を放つもタッチアウトとなったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:Getty Images】
第1打席で左翼線安打を放つもタッチアウトとなったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:Getty Images】

左翼線安打も一走の二塁ストップを見ずに塁間でタッチアウト「後ろから車をぶつけたら…」

■Rソックス 9ー0 エンゼルス(日本時間16日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地のレッドソックス戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で左翼線へ2試合連続安打を放ったが、一塁走者の二塁ストップを確認できずに一、二塁間で挟まれてタッチアウト。先制機をふいにした。この走塁死について、ジョー・マドン監督は「自動車事故のようなものだ。後ろから車をぶつけたら責任は問われるものだ」と苦言を呈した。

 大谷の積極果敢な走塁が裏目に出た。初回無死一塁、左腕ペレスの内角高めシンカーを左翼線へ。一気に二塁を狙ったが、一塁走者・ウォードの二塁ストップを確認できていなかった。一、二塁間で挟まれてタッチアウト。痛い走塁ミスとなった。

 3回1死は内角高めを攻められて空振り三振に倒れた。5回2死一塁も内角カットボールに手が出ずに見逃し三振を喫し、8回無死一塁は荒れ球の3番手左腕ヘルナンデスに空振り三振した。1試合3三振は今季3度目。4打数1安打で打率.264となった。

 先発バンディが5回途中7失点KO。主砲トラウトは5試合連続無安打となり、チームは完封負けを喫した。「我々は勝てるはずの試合をいくつか逃している。他の誰でもなく、我々自身の責任だ」とマドン監督。4連敗と苦しい戦いが続いている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY