秋山翔吾、サヨナラ負けピンチを防ぐ背走キャッチ 延長12回勝利に守備で貢献

レッズ・秋山翔吾【写真:AP】
レッズ・秋山翔吾【写真:AP】

8回守備から出場、1打数無安打1四球で打率.176

■レッズ 6ー5 ロッキーズ(日本時間16日・コロラド)

 レッズの秋山翔吾外野手は15日(日本時間16日)、敵地・ロッキーズ戦の8回守備から途中出場。1打数無安打1四球で打率.176となった。チームは延長12回で6-5で競り勝った。

 守備で魅せた。2-2で迎えた9回2死。中堅・秋山は左後方への飛ぶ大飛球にチャージ。最後はフェンスにぶつかりながらもジャンピングキャッチした。抜けていればサヨナラ負けの大ピンチ。投手のアントーンは両手を挙げて大喜びだった。球団公式ツイッターが動画を公開すると、ファンからは「ワンダフル!」「ワンダフル・キャッチ」「ショータイム!」などとコメントされた。

 9回1死一、二塁の場面ではニゴロ。延長11回2死二塁では四球を選んだ。連続試合安打は「2」で止まったが、この日は守備でチームに貢献した。

【動画】サヨナラは許しません! ピンチ防いだレッズ秋山翔吾の背走キャッチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY