ロッテ佐々木朗、プロ初登板初勝利ならず 2点リードで降板も救援陣追いつかれる

プロ初登板初先発を果たしたロッテ・佐々木朗希【画像:パーソル パ・リーグTV】
プロ初登板初先発を果たしたロッテ・佐々木朗希【画像:パーソル パ・リーグTV】

降板直前の5回にマーティンに勝ち越し2ランが飛び出す

■ロッテ ー 西武(16日・ZOZOマリン)

 ロッテの2019年ドラフト1位・佐々木朗希投手のプロ初勝利が消滅した。16日、本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦に先発。プロ2年目で初めて1軍のマウンドに上がると、5回6安打4失点と粘りの投球。降板直前の5回に味方打線が勝ち越しに成功して勝利投手の権利を掴んだが、リリーフが追いつかれて白星は消滅した。

 初回いきなり1死一、三塁のピンチを背負ったが、4番の山川をスプリットで空振り三振に仕留めてプロ初奪三振を記録。続く栗山も左飛に打ち取って、初回のピンチを脱した。その裏、荻野、マーティンの連続本塁打で2点の援護をもらった。

 さらに2回にも2本の適時打で2点を追加し、リードは4点に広がった。だが、3回に先頭の金子をレアードの失策で出塁させると、若林、源田に連続適時打を浴びて2失点。さらに森を四球で歩かせると、栗山には犠飛を許して3点目を失い、1点差に迫られた。
 
 4回を終えた段階で球数は86球に達していたものの、5回もマウンドへ。ただ先頭の源田に四球。森を一ゴロ、山川を三振に仕留めたものの、栗山の打席で痛恨のワイルドピッチで同点の4点目を献上した。その裏、マーティンの2ランが飛び出して勝ち越しに成功し、佐々木朗は一度は勝利投手の権利を手にした。

 佐々木朗は5回6安打2四球4失点で降板。勝利投手の権利を掴んでいたが、8回にセットアッパーの唐川が西武打線に捕まり、同点に追いつかれた。これにより佐々木朗のプロ初登板初先発初勝利は消滅。初白星はお預けとなった。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY