秋山翔吾、メジャー初3安打で5点差逆転勝ちに貢献 打率.286に上昇、今季初2打点

「6番・左翼」で先発したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
「6番・左翼」で先発したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

ここ4試合で13打数6安打と打撃好調

■レッズ 7ー6 ロッキーズ(日本時間17日・コロラド)

 レッズの秋山翔吾外野手は16日(日本時間17日)、敵地のロッキーズ戦で「6番・左翼」で先発出場。4打数3安打2打点で今季初の猛打賞をマークした。打率.286。チームの5点差逆転勝ちに貢献した。

 秋山は2回1死三塁から遊撃へ適時内野安打。これが今季初打点となった。5回先頭で左前打。8回2死二塁には1点差に迫る中前適時打を放った。今季9試合目でマルチ安打は2度目。ここ4試合で13打数6安打と状態上向き。前日まで打率.176だったが、一気に打率.286に上げた。

 チームは7回終了で5点ビハインドの厳しい展開だったが、8回に一挙4得点。9回に2点を奪って逆転し、2連勝を飾った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY