山口俊、マイナーで先発も3回4失点KO 6四死球と乱れ、防御率は10.13に

ジャイアンツ傘下・山口俊【写真:AP】
ジャイアンツ傘下・山口俊【写真:AP】

初回、3回と四球からピンチを招いて失点

 ジャイアンツ傘下3Aサクラメントの山口俊投手が16日(日本時間17日)、ドジャース傘下3Aオクラホマシティ戦に先発し、3回3安打6四死球4失点でKOされた。今季は2試合で0勝2敗となり、防御率は10.13に悪化した。

 山口は初回に2点の援護をもらったものの、その裏、いきなり先頭から2者連続四球を与えて一、二塁のピンチを招く。4番のラベロに適時二塁打を浴びて1点を失うと、続くアバンスの内野ゴロの間に2点目を奪われて同点に追いつかれた。

 3回には先頭のレクスを四球で歩かせ、ラベロの中前安打、アバンスへの四球で満塁に。このピンチでフェデロウィクスに右前への2点適時打を浴びて勝ち越しを許した。続くソトには死球。更なる失点こそ免れたものの、この回でマウンドを降りることになった。

 山口はキャンプ前にブルージェイズを自由契約となり、招待選手としてジャイアンツのキャンプに参加。オープン戦では好投したものの、開幕前にロースターから外れ、開幕からマイナー暮らしが続いている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY