石原さとみさん、“斎藤雅樹投法”も大暴投に赤面「めちゃめちゃ練習したのに」

始球式を行った女優の石原さとみさん【写真:(C)サントリードリームマッチ2021】
始球式を行った女優の石原さとみさん【写真:(C)サントリードリームマッチ2021】

恒例「サントリードリームマッチ」で7度目始球式、昨年10月結婚発表“ミセス初投げ”

 女優の石原さとみさんが17日、東京ドームで行われた「サントリー ドリームマッチ2021」のオープンニングセレモニーに特別ゲストとして参加し、始球式を行った。

 今年はかつての巨人のエースで通算180勝を誇る斎藤雅樹氏の投球フォームを披露。斎藤氏の癖を真似て、まず打者に正対し、首を左に傾けた後、サイドスローで投球。だが、ボールは打者役の高橋由伸氏(前巨人監督)の背中の後ろを通過した。

「悔しいです。斎藤選手に教えてもらって、めちゃめちゃ練習したのに」と地団太を踏んだ石原さんだが、「最初だるそうに見えるようにしました」と演技のポイントを説明した。

 毎年プロ野球のOBたちが「ザ・プレミアム・モルツ軍団」と「ドリームヒーローズ」に分かれて戦う同イベント。昨年はコロナ禍で中止となったが、今年は無観客で2年ぶりの開催に漕ぎつけた。

 石原さんの始球式は7大会連続。毎回名投手のフォームを研究して披露しており、野球ファンの間で注目の的となっている。2014年はサウスポー投法、2015年は村田兆治氏のマサカリ投法、2016年は野茂英雄氏のトルネード投法、2017年は渡辺俊介氏のサブマリン投法、2018年は三浦大輔氏(現DeNA監督)の二段モーションに挑戦。前回の2019年は、巨人やメジャーリーグのレッドソックスなどで活躍した岡島秀樹氏の「ノールック投法」を披露していた。

 石原さんは昨年10月、同年代の会社員との結婚を発表しており、ミセスとしては初めての始球式となった。舞台の役作りのために、例年のロングヘアでなくショートヘアで登場。ドリーム・ヒーローズの一員として参加している斎藤雅樹氏とグータッチを交わす一幕もあった。

【写真】「だるそうに見えるように…」首を傾ける石原さとみさん

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY