最下位DeNAで壊滅的な投手陣 元大洋のエースが指摘する低迷の“元凶”とは…

DeNA・三嶋一輝【写真:荒川祐史】
DeNA・三嶋一輝【写真:荒川祐史】

大洋時代にエースとして活躍した遠藤一彦氏は「根本的な原因がある」と言う

 三浦大輔監督就任1年目の今季、最下位を低迷し続けているDeNA。特にチーム防御率が12球団で唯一4点台(4.67・5月16日現在)の投手陣は壊滅的だ。かつてDeNAの前身である横浜大洋ホエールズで長年エースとして活躍し、1997年から7年間はコーチも務めた野球評論家の遠藤一彦氏は「DeNAの投手に共通する不振の原因がある」とズバリ指摘する。

 昨季途中から不振の山崎康晃投手に代わって守護神を務めている三嶋一輝投手は、今月9日まで15試合に登板して防御率0.64の好成績を残していたが、11日の巨人戦では同点の9回に伏兵の若林、吉川に連続で被弾して敗戦。翌12日も2点リードの9回に岡本に痛恨の同点2ランを浴び、2戦連続の背信投球となった。

「去年抑えに回ってからの内容に比べると、今年の三嶋は良くない。去年を100とすれば、今年は85くらいでしょう」と遠藤氏は言う。そして「根本的な原因がある。ベイスターズの投手はみんな同じだが、おそらく本人たちは分かっていない。だから、毎年同じ失敗を繰り返している」と語気を強める。

「みんなシーズンの疲労を取らないまま、翌年へと入っていってしまう」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY