ダルビッシュ、7回10K無失点で4勝目 今季初無四球で自身3連勝、バットでも二塁打

ロッキーズ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ロッキーズ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5回は3者連続三振と圧倒、今季初安打には天を仰いで大喜び

■パドレス 7ー0 ロッキーズ(日本時間18日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、先発した本拠地でのロッキーズ戦で7回4安打無失点と抜群の投球を見せ、今季4勝目を挙げた。今季2度目の2桁となる10奪三振で、今季初の無四球。試合は打線が序盤から機能し、7-0で快勝した。

 初回に3点の援護をもらったダルビッシュは、2回2死から二塁に走者を置いたものの、続くヌニェスを見逃し三振に。3回は3者凡退に仕留め、先頭を出した4回も後続を事もなげに斬った。5回は先頭を出塁させるも3者連続三振と圧倒した。

 6回を3者凡退に抑えた直後、打席でも見せた。その裏の2死走者なしで回ってきた第3打席に左翼線へ二塁打。今季初安打をマークし、ベース上では天を仰いで喜びを表現させた。7回も抑えたところでお役御免。打者25人に対して81球を投げ、ストライク59球。防御率1.81となった。

 ダルビッシュは前回12日(13日)のロッキーズでは、7イニング制のダブルヘッダー第1戦で4回2安打2奪三振1四球1失点で2試合連続で勝敗はつかず。自身にとっては、4月30日(同5月1日)のジャイアンツ戦以来の3連勝となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY