中村紀洋氏の“グラブ捌き”は「相変わらず上手すぎ」 一夜限りの祭典で披露

「サントリー ドリームマッチ2021」に出場した中村紀洋氏【写真:(C)サントリードリームマッチ2021】
「サントリー ドリームマッチ2021」に出場した中村紀洋氏【写真:(C)サントリードリームマッチ2021】

サントリードリームマッチが開催、宮本慎也氏、井端弘和氏も守備練習披露

 17日に東京ドームで行われた「サントリー ドリームマッチ2021」。今年は無観客試合となったが、プロ野球のレジェンドたちが熱戦を繰り広げた。主催側が公開した映像の中では石原さとみさんの始球式練習だけなく、かつてのスターたちの守備練習も届けられた。中でも近鉄、中日などで活躍した中村紀洋氏の柔らかいグラブさばきにファンは「中村紀さん相変わらず守備上手すぎ」「華麗な守備」と魅了されたようだ。

 25回目を迎える今大会では、多くのレジェンドらが集まりが現役さながらのプレーを披露した。映像の中では宮本慎也氏、井端弘和氏、立浪和義氏、岩村明憲氏ら名内野手たちの懐かしい守備の姿も。目を奪われたのは、ショートバウンドの難しい打球を逆シングルで捕球する中村氏の三塁守備だった。守備絶賛の声以外にもファンから「皆んな楽しそうに練習してる」、「いつまでも変わらないOBの皆さん」とFull-CountYouTubeチャンネルにはレジェンドの大集合を喜ぶ声も見られた。

【動画】中村紀氏の“現役さながら”逆シングルキャッチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY