大谷翔平、「2番・DH」で今季初の3戦連発14号なるか? トラウト戦線離脱の窮地

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

主砲トラウトが右ふくらはぎの張りで復帰まで6~8週間

■エンゼルス ー インディアンス(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・指名打者」で先発出場する。3試合連発、本塁打キング独走となる14号本塁打に期待がかかる。

 インディアンスは26歳右腕プリーサックが先発する。今季は8試合登板し、3勝3敗、防御率3.56。大谷は2019年9月10日に本拠地で対戦し、左飛、四球、左邪飛の2打数無安打1四球だった。

 前日17日(同18日)の同カードの2回に両リーグ単独トップとなる13号3ラン。3打数1安打3打点と活躍し、チームを2連勝へ導いた。試合前まで今季成績は38試合出場し、打率.263、13本塁打、32打点、6盗塁。

 この日、主砲のマイク・トラウト外野手が右ふくらはぎの張りのため10日間の負傷者リスト(IL)入りした。復帰まで6~8週間。チームは踏ん張り時となっている。

【エンゼルス】
1(中)ウォード
2(指)大谷翔平
3(三)レンドン
4(一)ウォルシュ
5(左)アップトン
6(二)ゴセリン
7(遊)イグレシアス
8(右)ロハス
9(捕)ブテラ
投手 ヒーニー

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY