「見てて鳥肌」「2人だけの世界」 オリ能見、ロッテ鳥谷の“元虎対決”にファン感激

阪神で活躍した2人がパ・リーグの舞台で対決【画像:パーソル パ・リーグTV】
阪神で活躍した2人がパ・リーグの舞台で対決【画像:パーソル パ・リーグTV】

8回2死一塁の場面でロッテ鳥谷が代打で登場

■オリックス 6ー5 ロッテ(18日・京セラドーム)

 かつて阪神のエース、主軸として活躍した2人がパ・リーグの舞台で夢の対決が実現した。18日、オリックスの能見篤史投手が8回に登板すると、ロッテは鳥谷敬内野手が代打で登場。三振に打ち取った能見に軍配が上がったが元虎戦士の勝負にファンも「2人だけの勝負の世界」「感動する」と大絶賛だった。

 ついに対戦が実現した。オリックス能見は8回に4番手として登板すると、2死一塁の場面でロッテは代打に鳥谷を送った。初球は144キロの直球で見逃し、2球目も144キロの直球でファウルを奪い追い込むと最後は140キロのフォークで空振り三振に仕留めた。

 阪神で中心選手として活躍していた2人の対決を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【猛虎激突】能見篤史vs鳥谷敬【レジェンド対決】」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「ガチで熱い」「おじさん2人がカッコいい」「2人だけの勝負の世界」「この対決は感動する」「見てて鳥肌たった」と感激した様子だった。

【動画】元同僚のロッテ鳥谷を三振に仕留めた、オリ能見の“魂の3球勝負”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY