野手登板の76キロ“無気力投球”を本塁打に… “不文律破り”に指揮官は敵軍に謝罪

野手相手に一発を放ったホワイトソックスのヤーミン・メルセデス【写真:AP】
野手相手に一発を放ったホワイトソックスのヤーミン・メルセデス【写真:AP】

大量11点リード、マウンドには野手、カウント0-3、超ユルユルボール

■Wソックス 16ー4 ツインズ(日本時間18日・ミネソタ)

 大量ビハインドで登板した野手の“超ユルユル投球”に対し、迷わず豪快な本塁打を放った打者の“不文律破り”が物議を醸している。後味の悪い勝ち方をした指揮官は苦言。相手チームに謝罪するまでに発展した事態を、MLB公式サイトが伝えている。

 17日(日本時間18日)に行われたホワイトソックス-ツインズ戦。8回までにホワイトソックスが大量11点をリードする展開で、ツインズは9回のマウンドに一塁手登録のウィリアンズ・アストゥディーヨを送った。2死から右打席に入ったホワイトソックスのヤーミン・メルセデスは、カウント3ボールになった直後、47マイル(約76キロ)の山なりボールをまさかのフルスイング。打球はバックスクリーン横に着弾する本塁打となった。

 大量リード、野手登板、しかもカウント3-0。慣例に従えば敬意を欠く一発に、ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督も「私は怒ったんだ。ツインズベンチからも私が怒っていたことは分かっただろう」と批判。メルセデスは“待て”のサインを見逃したといい「(あの場面で打たないのは)ゲームと相手に対する敬意だ。彼は間違いを犯した」と糾弾した。さらに指揮官は「実はツインズに謝罪したんだ。あれは許されないことだってメッセージを送った」とも明かした。

 たびたび問題になる“不文律破り”は善か、悪か……。メルセデスは批判を浴びたものの、自身にとっては貴重な今季6号となったことには違いない。

【動画】76キロの超ユルユルボールを本塁打にする“不文律破り”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY