「ホームベース、空いてますよ」 投ゴロで二塁から生還許した「プロには珍しいミス」

三遊間に挟まれる西武・源田壮亮(中央)【写真:荒川祐史】
三遊間に挟まれる西武・源田壮亮(中央)【写真:荒川祐史】

単なる投ゴロが招いた“悲劇”…「三塁が渋滞してる笑」

■ソフトバンク 6ー5 西武(19日・メットライフ)

 メットライフドームで19日に行われた西武-ソフトバンク戦で、二塁走者が“ガラ空きの本塁”に生還する珍しいシーンが起きた。単なる投ゴロから始まったドタバタ劇に、「ベースカバーを忘れるというプロには珍しいミス」「ホームガラ空きって珍しいな」などと注目の声が上がっている。

 初回1死二塁で、ソフトバンクの先発・松本がゴロを捕球した瞬間から始まった。ボールは三塁に送られ、二塁走者の源田に対する挟殺プレーへ。しかし、三塁手・松田からの送球を遊撃手・今宮が取り損ね、ボールは転々。慌てて拾った松田は二塁手・周東に渡し、打者走者の森にタッチした。しかし、甲斐と松本は三塁のベースカバーに入っていたため、本塁は“無人”に。源田が悠々と先制のホームを踏んだ。

 この一部始終を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【!?】源田壮亮 ワチャワチャの末に『ガラ空きの本塁へ生還』」と題して動画で公開。ファンからは「ホームベース、空いてますよ」「高校野球でやったら滅茶苦茶監督に怒られるヤツ笑」「三塁が渋滞してる笑」「情報量が多すぎて草」などとコメントが寄せられていた。

【動画】投ゴロで二塁から生還招いた“本塁ガラ空き”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY