大谷翔平、最速153キロに球速低下 指揮官ビックリも故障否定「何も問題ない」

試合後会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

マドン監督「スコアボードに表示される球速以外に問題は何もなかった。彼のことを褒めたい」

■インディアンス 3ー2 エンゼルス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で4度目の投打同時出場した。投球では4回2/3で5奪三振5安打2失点と好投したものの、今季2勝目はお預け。降板後に右翼手に回り、6回の第3打席ではバント安打を決めた。6回終了後に途中交代し、3打数1安打で打率.272。チームは2-3で敗れて2連敗を喫した。

 剛速球が走らなかった。初回2死二塁からレイエスの左翼線適時二塁打で先制点を献上。1点リードの5回には先頭・バウアーズに同点ソロを浴び、この日のフォーシームは最速95.3マイル(約153.4キロ)止まりだった。大谷は「単純に体が動かなかった」と故障を否定。マドン監督も同調した。

「速球の感じがつかめなかったんだと思う。今日はただ普段の調子が出ない日の1つだった。どうしてかはハッキリ分からない。(故障の心配は)何も問題ない」

「ただ待つだけだ。あまり過剰に反応しないようにしようと思っている。彼はどういう風に感じているか伝えてきた。明日以降にどう感じるかも確認してみないといけないが、故障があるわけではない」

 剛速球がなくとも5回途中まで2失点と試合を作った。カットボールが武器になった。「(球速低下は)驚いたよ。会話の内容は良かったから私も驚いた。ただ、速球の調子が悪いと見ると、プランBに移って非常に効果的だった。違う方向でやっていこうとしたんだろう。とても優れたアスリートだ。スコアボードに表示される球速以外に問題は何もなかった。彼のことを褒めたい」と評価した。

 降板後は右翼手としてプレー続行。1点を追う6回先頭ではバント安打を決めて、今季自己最長タイの6試合連続安打に伸ばした。6回終了後に途中交代。7回以降も起用することは「考えてなかった」という。

「70球ぐらい投げていたから、他の投手と同じように肩のケアもしないといけなかった。この若い男のことを大事にしなければならない。これから数年、何も問題なくできるように気をつけなければならない。5月の1試合のために危険にさらすわけにはいかない」

 20日(日本時間21日)は本拠地でツインズとのダブルヘッダー2試合(7イニング制)が組まれている。大谷が全試合出場を続けるのか、それとも疲労を考慮されてベンチスタートになるのか。今後の起用法に注目が集まりそうだ。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY