なぜ日ハム加藤貴之は安定し始めたのか ショートスターターから先発で起きた変化

日本ハム・加藤貴之【写真:石川加奈子】
日本ハム・加藤貴之【写真:石川加奈子】

リーグ2位の防御率、7登板で3勝1敗と好成績

 かつて「ショートスターター」として活躍した左腕が、今季は先発として躍進の気配だ。日本ハムの6年目加藤貴之投手が開幕からローテーションの一角として好投。5月19日の楽天戦では6回3失点(自責2)と好投しながら今季初黒星を喫したが、ここまで7試合に登板して3勝1敗。リーグ2位の防御率2.35をマークし、苦しむチームにあって先発陣で随一の安定感を見せている。

 加藤といえば、2019年に栗山英樹監督が導入した「ショートスターター」の1人として、短いイニングでの先発登板を重ねたことで話題となった。2020年途中からは中継ぎとしての起用が主となっていた。そして今季は、長いイニングを投げる先発投手として好投を続けており、自身が持つマルチな才能を改めて示している。

 加藤は拓大紅陵高(千葉)、新日鉄住金かずさマジックを経て2015年ドラフト2位で日本ハムに入団。ルーキーイヤーは先発が16試合、リリーフが14試合と幅広い起用に応え、キャリアハイの7勝をマークした。防御率も3点台半ばと即戦力の期待に応えてリーグ優勝と日本一に貢献した。

 続く2017年は年間を通じて先発として起用され、21試合中12試合で6イニング以上を消化。年間120イニングを投げ、勝ち星こそ6勝止まりだったものの左の先発として活躍した。

ショートスターターでの起用でキャリアに大きな変化が…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY