「ギータとの勝負は見応えあった」「制圧力たまらん」 西武平良の投げっぷりに称賛の声

ソフトバンク戦に2番手として登板した平良海馬【写真:荒川祐史】
ソフトバンク戦に2番手として登板した平良海馬【写真:荒川祐史】

ソフトバンク戦の8回に登板、23試合連続無失点

■ソフトバンク 6ー5 西武(19日・メットライフ)

 西武・平良海馬投手が19日、メットライフドームで行われたソフトバンク戦、同点の5−5、8回に2番手で登板。先頭の柳田悠岐外野手に四球を出すも、2三振を奪うなど、1イニング無失点で後続を断った。出塁こそ許したが。柳田が攻略に苦しむような表情も見られ、「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが公開した映像には「ギータとの勝負は見応えあった」と称賛の声があがった。

 ピンチでも動じない。先頭・柳田に四球を出し、送りバントで1死二塁に走者を進められた。そこでギアをもう一段、上げた。バレンティンは追い込んでから高めへの直球で空振り三振、甲斐は真ん中への直球で空振り三振。ともに152キロのストレートで仕留めた。打てなかった甲斐は悔しそうに膝をついた。

 開幕からの連続無失点記録を23試合に伸ばした快投。12年にソフトバンク・岡島秀樹投手の持つパ・リーグ記録26試合にあと3と迫った。「【ピンチがピンチじゃない】平良海馬 『23試合連続無失点』」というタイトルで動画を公開すると、「こんなの打てるわけない」「この制圧力たまらん」「投げっぷりがまじで好きだ」と言ったコメントも寄せられていた。

【動画】柳田、甲斐も“膝をついた” 西武・平良の半端ない「制圧力」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY