大谷一問一答 球速低下も故障否定 右肘手術の後遺症か「一進一退、臨機応変に」

試合後会見に臨んだエンゼルスの大谷翔平(写真はスクリーンショット)
試合後会見に臨んだエンゼルスの大谷翔平(写真はスクリーンショット)

最速153キロ止まりだった「故障の心配ない。体が動かなかった」

■インディアンス 3ー2 エンゼルス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で4度目の投打同時出場した。投球では4回2/3で5奪三振5安打2失点と好投したものの、今季2勝目はお預け。降板後に右翼手に回り、6回の第3打席ではバント安打を決めた。6回終了後に途中交代し、3打数1安打で打率.272。チームは2-3で敗れて2連敗を喫した。

 剛速球が走らなかった。初回2死二塁からレイエスの左翼線適時二塁打で先制点を献上。1点リードの5回には先頭・バウアーズに同点ソロを浴びた。カットボールを使った打たせれる投球で試合を作ったものの、フォーシームは最速95.3マイル(約153.4キロ)止まりだった。

 降板後は右翼手としてプレー続行。1点を追う6回先頭ではバント安打を決めて、今季自己最長タイの6試合連続安打に伸ばした。試合後のオンライン会見では淡々とした口調で4度目の投打同時出場を振り返った。

――球速が出ていなかった。
「真っすぐがいかないなという感じでしたね。その代わりにカットが良かったので、多めに投げただけかと思います」

――故障の心配は。
「ないと思いますね。そのまま打ってましたし。単純に体が動かなかったなという感じだと思います」

――もっと休みが必要か。
「普通にやっていても、そういう日、そういう登板もありますし。逆に言えば、そういう登板の時にどういう投球ができるかが大事になってくる。欲を言えば、もう1、2イニングを投げて、中継ぎの負担を減らせられれば良かったなと思います」

「今日みたいに打たせることにシフトすることもある」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY