オリックスが右腕ディクソンをウェーバー公示 コロナ禍で来日が絶望的

オリックスのブランドン・ディクソン【写真:福谷佑介】
オリックスのブランドン・ディクソン【写真:福谷佑介】

在籍8年で通算215試合、49勝&34セーブをマーク

 オリックスは20日、ブランドン・ディクソン投手のウェーバー公示申請の手続きを行ったと発表した。今季9年目となる右腕は今季、家族との来日を希望していた。しかし、コロナ禍で日本政府が新規のビザ発給を停止しており、家族来日が困難な状況になっていた。

 36歳のディクソンは昨季まで通算215試合に登板して49勝58敗34セーブをマーク。昨季まで2年間はクローザーを務め、今季は先発復帰が予定されていた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY