「サニブラウンに勝った男を刺した男」快足新人もお手上げの“ドンピシャ強肩”

二盗を阻止した楽天・田中貴也【画像:パーソル パ・リーグTV】
二盗を阻止した楽天・田中貴也【画像:パーソル パ・リーグTV】

五十幡に初めて盗塁死を記録させた

■日本ハム 4ー1 楽天(20日・楽天生命パーク)

 楽天の田中貴也捕手が、快足ルーキーを止めた。20日に楽天生命パークで行われた日本ハム戦に「9番・捕手」で今季初スタメン。ここまで失敗なしの3盗塁を決めていた日本ハムのドラフト2位ルーキー・五十幡亮汰外野手の二盗を阻止。ドンピシャの強肩発動に「いやぁよく五十幡を刺したと思うわ!」などと称賛の声が上がった。

 1-1の同点で迎えた6回無死一塁。左前打で出塁した五十幡は、続く西川の打席の4球目にスタートを切った。中学時代にサニブラウンに勝った経験を持つ新人は好スタートを切ったようにも見えたが、田中貴が二塁へストライク送球。誰が見ても分かるタイミングでアウトにしてみせた。

「サニブラウンに勝った男」に初めて土をつけた瞬間を、「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeが「五十幡亮汰は『完璧な送球をされても』盗塁成功できるのか!?」というタイトルで動画を公開。ファンからは「送球が完璧だった」「サニブラウンに勝った男を刺した男爆誕」「おめでとう! ある意味間接的にサニブラウンに勝った男だ」とのコメントが寄せられた。

【動画】サニブラウンに勝った男vs田中貴のドンピシャ送球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY