プホルス、ドジャース移籍後初アーチは先制2ラン! レジェンドの一発に球場大歓声

移籍後初ホームランを放ったドジャースのアルバート・プホルス【写真:AP】
移籍後初ホームランを放ったドジャースのアルバート・プホルス【写真:AP】

右腕ケリーのカットボールを強振、打球は右翼席へ飛び込む6号2ラン

■ドジャース ー Dバックス(日本時間21日・ロサンゼルス)

 ドジャースに移籍したアルバート・プホルス内野手が20日(日本時間21日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に「6番・一塁」でスタメン出場。第1打席で移籍後初本塁打となる6号2ランを放った。

 レジェンドの一発に球場は歓声に包まれた。両チーム無得点で迎えた2回。プホルスは1死一塁で迎えた第1打席で右腕ケリーが投じた91マイル(約146キロ)のカットボールを強振。高々と舞い上がった打球は、右翼席へ飛び込む先制の6号2ラン。この一発でメジャー通算668号となった。

 今季はエンゼルスで24試合に出場し打率.198、5本塁打12打点をマークしたが6日(日本時間7日)に戦力外に。15日(同16日)にドジャース入りが決まり、17日(同18日)のダイヤモンドバックス戦では「4番・一塁」で新天地デビューを飾っていた。

【動画】逆方向への美しい一発! プホルスの移籍後初ホームランに球場大歓声

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY