「守備側は全く無駄がない」のに… 日ハム五十幡の“爆速突破”盗塁にファン驚愕

初回に二盗を決めた日本ハム・五十幡亮汰【画像:パーソル パ・リーグTV】
初回に二盗を決めた日本ハム・五十幡亮汰【画像:パーソル パ・リーグTV】

21日の西武戦の初回に今季4個目の盗塁を決めた五十幡

■西武 ー 日本ハム(21日・メットライフ)

 驚異的な脚の速さでファンの度肝を抜いている日本ハムのドラフト2位ルーキー五十幡亮汰外野手。21日にメットライフドームで行われた西武戦では、森友哉捕手のほぼ完璧な送球、源田壮亮内野手の無駄のないタッチさえも、掻い潜って今季4つ目の盗塁を決め、ファンの驚きを誘っている。

 ファンを驚愕させた盗塁は初回の攻撃で起こった。この日「1番・中堅」でスタメン出場した五十幡は詰まりながらも右前への安打を放って出塁。続く郡の打席でスタートを切った。2球目のストレート。高橋と森のバッテリーは盗塁を警戒し、アウトコースに外し気味のボールを投げた。

 森の送球もほぼ完璧。素早いステップから二塁へと矢のような送球を放った。わずかに三塁側へ逸れたものの、源田のタッチも無駄はなし。普通であれば、アウトになっていてもおかしくないプレーだったが、五十幡の脚が勝り、わずかに早く二塁ベースへと滑り込んだ。

 この五十幡の快足ぶりを「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「【最大級の警戒】五十幡亮汰の足 vs. 森友哉の送球・源田壮亮のタッチ【爆速突破】」と動画を公開すると、ファンからは「送球速いしタッチ鬼だし それでもセーフになる五十幡すごすぎ」「送球タッチいいのにこれはすごいな」「五十幡選手の凄さが桁違い」「五十幡もうだれにも止められねえな」「守備側は全く無駄が無いのにセーフにできるのやばいな」とのコメントが並んでいた。

【動画】森の送球も、源田のタッチも完璧 それでも盗塁決める日本ハム五十幡亮汰

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY