コロナで大量離脱した球団の成績は? 苦戦かと思いきや各チームが5割超えと奮闘

広島・長野久義、鈴木誠也、菊池涼介(左から)【写真:荒川祐史】
広島・長野久義、鈴木誠也、菊池涼介(左から)【写真:荒川祐史】

広島では菊池涼や鈴木誠ら主力含む10選手が感染

 広島がコロナ禍に揺れている。18日に菊池涼介内野手、小園海斗内野手、正隋優弥外野手らが陽性判定を受け、20日には鈴木誠也外野手、長野久義外野手らが、21日には倉義和1軍バッテリーコーチが新たに陽性判定を受けた。チーム内の感染者は11人になり、21日からマツダスタジアムで行われる予定だった阪神戦は延期されることが決まった。

 コロナ禍でのペナントレース開催で各球団は徹底した感染防止策を講じながらシーズンを戦っている。もはやどこで感染するかも分からない状況で、チーム内で陽性者が出ることは致し方のない部分もある。チームにとっては大きな打撃ではあるが、それでも、離脱した選手を欠いたままでもチームは戦いを続けなければならない。

 今季、1軍選手で感染者が出るのは5球団目だ。開幕直後の3月31日にヤクルトの西田明央捕手が陽性判定を受け、青木宣親外野手、内川聖一内野手、川端慎吾内野手が濃厚接触者に。4月に入り、巨人の中島宏之内野手、丸佳浩外野手、若林晃弘内野手、ゼラス・ウィーラー内野手が陽性と判定された。

 さらに4月30日には日本ハムの中島卓也内野手、西川遥輝外野手、清水優心捕手が陽性に。さらにロニー・ロドリゲス内野手、高浜祐仁内野手、今川優馬外野手、郡拓也捕手らも陽性判定を受け、チーム内での感染者は14人にまで拡大した。ロッテでも柿沼友哉捕手が陽性判定を受けた。

ヤクルト、巨人は離脱期間中どちらも勝ち越していた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY