「ボール1個分外れてる」 大谷翔平も首を傾げた“疑惑の判定”に解説も同情

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「外角に外れるあのボールをカバーする方法はありません」

■ツインズ 6ー3 エンゼルス(日本時間21日・アナハイム・ダブルヘッダー第2試合)

 20日(日本時間21日)に行われたツインズとのダブルヘッダー第2戦で、7試合ぶりのノーヒットに終わったエンゼルスの大谷翔平投手。「2番・DH」でスタメン出場したものの、3打席連続で三振を喫し、3打数無安打に終わった。

 この日は際どい判定に泣かされる打席もあった。6回先頭で迎えた第3打席。左腕ロジャースが初球、2球目に投じた外角スライダーはいずれも外に外れているようにも見えたが、球審の判定はストライクに。大谷はストライクのコールに思わず首を振り、判定に納得のいかない様子をあらわにした。

 この球審の判定には試合を中継した「バリー・スポーツ・ウエスト」の実況ダロン・サットン氏と名物解説のマーク・グビザ氏も不服そうに言葉を並べた。1球目がストライクとコールされると、グビザ氏は「またプレートから外れています。ゾーンの角からボール1個分は少なくとも外れています」とコメント。

 さらに2球目もストライクとなると「(審判は)全く同じ球をまたストライクと判定しています。外角に外れるあのボールを(打者が)カバーする方法はありませんね」と解説。明らかにボール球だと指摘し、実況のサットン氏も「あれは厳しいですね」と同調した。

 大谷はこの打席、4球目のスライダーにバットが空を斬り空振り三振に倒れた。1、2球目と同じようなボールで凡退すると、グビザ氏も「ボールを2つ奪われ、厳しい打席でしたね。カウント2-0になるはずが、0-2になってしまっていました」と同情していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY