大谷翔平、MVPコール響き渡るも第3打席は空振り三振 ここまで3打席凡退と苦しむ

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第1打席は大飛球も中飛、第2打席は三飛

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席ではMVPコールが球場に響き渡ったが空振り三振に倒れた。

 アスレチックスの先発は右腕キャプリーリアン。大谷は初回1死走者なしで迎えた第1打席で飛距離375フィート(約114メートル)の大飛球を放ったが中飛、3回の第2打席は左飛に倒れた。

 2点を追う6回の先頭で迎えた第3打席では球場から「MVP!」「MVP!」と大歓声が起きたが、最後は低めのカーブにバットは空を切り空振り三振に倒れた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY