「私のアイデア」鷹・工藤監督、奇策ズバリ的中 2番に甲斐を起用した理由とは?

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

工藤監督「本人からのアピールもありました」

■ソフトバンク 7ー2 オリックス(22日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは22日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦に7-2で快勝した。今季初めて甲斐拓也捕手が2番に入るオーダーで臨んだが、工藤公康監督が試合後にその理由を語った。

 試合前に発表された先発メンバーにサプライズがあった。ソフトバンクの2番は甲斐拓也。この日から自主的な無観客試合となったが、スタンドにファンがいればきっとどよめきが上がったことだろう。

 初回は1番の川島が倒れた後に四球を選び、続く栗原の4球目で二盗に成功。柳田の先制3ランに繋げる。3回の第2打席は無死一塁から犠打を試みるも2球ファウル。強行策に切り替えたが遊ゴロ併殺打だった。

 甲斐の2番起用について、工藤監督は「私のアイデアです」ときっぱり。「今日は失敗しましたけどバントもできるし、いろいろな作戦もできるし。状態もいいから四球も取れるだろうと思って、そこからチャンスが生まれたら面白くなるだろうな、というのがありました」と初回の思惑通りの働きに目を細めた。

 さらに「本人からのアピールもありました」と明かし「以前に『僕の2番はないんですか?』って言われたので、いいタイミングかなと思って使いました」と続けた。

 初回の盗塁については「サインプレー? それは秘密です」と明言を避けたが「投手の立ち上がりを捉えれば波に乗せることもないでしょうし、ランナーを出せば大胆には行きづらくなる。初回からああいう攻撃ができたことが(オリックス先発)田嶋君の攻略に繋がったと思います」と胸を張る。

 今後も2番起用はあるのだろうか。指揮官は「今日は僕のアイデアを活かしてもらいましたが、またヘッドと打撃コーチが(オーダー案を)持ってきた時に考えたいと思います」とした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY