楽天・田中将大の本領発揮はこれから? 球界OBが指摘する“上がり目”と配球の偏り

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

22日のロッテ戦で7回1失点と好投した田中将大

 楽天の田中将大投手は22日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦に先発し、7回6安打1失点と好投した。だが、同点で迎えた8回に2番手の福山博之投手がソロ2発を被弾し、チームは1-3で敗戦。田中将は交流戦までを2勝3敗、防御率2.84で終えた。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間捕手として活躍した野球評論家の野口寿浩氏がここまでの田中将の投球内容を分析した。

 この日の田中は、かつてのチームメートで2013年に日本一に貢献した美馬と互角の投げ合いを演じ、ともに7回1失点。同点で迎えたラストイニングの7回には、2死からエチェバリアに左中間二塁打を浴び、続く荻野にもカウント2-1からスライダーが2球続けて外れて四球を与えたが、マーティンをスプリットで左邪飛に仕留め、窮地を凌いだ。

 メジャー移籍前のような、ピンチで“ギア”を上げて鬼気迫る表情で剛速球を連発し、相手を圧倒していた姿とは一味違う32歳なりの大人の投球だった。この日は全102球中、スライダーが最多の37球(36.7%)を占めた。以下、ストレート27球(26.5%)、スプリット22球(21.6%)、ツーシーム10球(9.8%)、チェンジアップ3球(2.9%)、カーブ2球(2.0%)、カットボール1球(1.0%)。ストレート、ツーシーム、カットボールを合わせた「ストレート系」でも37.3%に過ぎず、変化球が多かった。

 野口氏は「それが、メジャー7年間でアップデートされた“今の田中将大”の一面でしょう」と評した上で、シーズン中盤以降へ向けて大いに上がり目を見込む。「右ふくらはぎのヒラメ筋を痛めて今季初登板が当初の予定より3週間遅れたにも関わらず、防御率2点台はさすがです。夏場へ向けて体調はどんどん良くなっていくでしょう」と予測する。

「やや変化球に偏っている配球をストレート系と半々にすれば…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY