有原航平、右肩の動脈瘤手術で復帰まで最短で12週間 GM「全力でサポートしていく」

レンジャーズ・有原航平【写真:AP】
レンジャーズ・有原航平【写真:AP】

メジャー1年目の今季は7試合に登板し2勝3敗、防御率6.59

 レンジャーズは22日(日本時間23日)、有原航平投手が右肩の動脈瘤の手術を受けることを発表した。復帰までには最短で12週間を要す見込みで、手術は27日(同28日)に行われる予定。

 この日のアストロズ戦を前にクリス・ヤングGMはオンライン会見を行い、有原の手術を発表。今後については「今季中に投げられるか分からないが健康が最優先。手術の成功と回復を祈っている。我々は全力でサポートしていく」と語った。

 有原は右手中指のタコを治療するために注射を受け、中7日を空けて8日(同9日)の本拠地・マリナーズ戦で先発も3回2/3で6安打5失点で降板。9日(同10日)には右手中指挫傷のため10日間の負傷者リスト(IL)に入っていた。メジャー1年目の今季は7試合に登板し2勝3敗、防御率6.59だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY