阪神・藤浪の「リリーフ再転換」を推すワケ OBが求める“Vへの盤石態勢”の構築

阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

4月23日のDeNA戦を最後に2軍落ち…ファームでも精彩欠く

 阪神の藤浪晋太郎投手が、ファームでも制球難に苦しんでいる。22日に2軍本拠地の鳴尾浜球場で行われたウエスタン・リーグの中日戦に先発したが、3回を3安打3失点。連続押し出しを含む6四球2暴投と大荒れだった。1軍のチームは2005年以来16年ぶりの優勝へ向けて首位を走っているが、初の開幕投手に抜擢された右腕はいまだ期待に応えられていない。高い潜在能力を1軍で生かす術はないのだろうか……。【宮脇広久】

 この日の藤浪は、2回まで2安打1四球1暴投を与えながら無失点でしのいでいたが、3イニング目に大きく乱れた。先頭の石垣に右前打を許すと、続く溝脇、伊藤には連続四球で無死満塁に。1死後、石川昂の打席で暴投し、まず1失点。石川昂は空振り三振に仕留めたが、平田に四球を与えて再び満塁とすると、続く堂上、岡林に連続押し出し四球。この回限りでマウンドを降りた。ウエスタンでは4試合に登板し、0勝1敗、防御率5.63と精彩を欠いている。

 今季は1軍で初めて開幕投手を任された藤浪。5試合で2勝1敗、防御率2.60をマークしたが、4月23日のDeNA戦で4回2安打7四死球2暴投4失点と荒れたのを最後に、2軍落ち。1軍の矢野燿大監督は、藤浪をあくまで先発として再生する方針を示している。

 一方、球団OBからは別の視点も。現役時代に4球団で21年間捕手として活躍し、阪神では6年間矢野監督とも同僚として過ごした野球評論家の野口寿浩氏は「藤浪は前回登板(今月13日のウエスタン・オリックス戦)でも1回は無難に抑えながら、2回と5回に大量失点している。昨季に適性を見せた中継ぎで、もう1度試してみる価値はあるのではないか」と見る。

藤浪の配置転換で「リリーフも常に誰かを休ませながら…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY