大谷翔平、代打同点犠飛で最大4点差逆転劇に貢献 8回から右翼を守る

同点犠飛を放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】
同点犠飛を放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】

1点差の7回無死満塁で代打で右犠飛、名物解説は日本語祝福「すごい」

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地・アスレチックス戦の7回に代打で登場。同点の右犠飛を放った。

 1点差の7回1死満塁。左腕・グドゥアンから右犠飛を放った。打球速度110.9マイル(約178.5キロ)と捉えた打球だった。代打では今季初打点。この日は4試合ぶりのベンチスタートとなったが、一打席勝負で結果を出した。解説者のマーク・グビザ氏は「すごい」と日本語を交えて祝福した。

 3回まで最大4点差が開いていたが、続くイグレシアスの適時打で勝ち越した。大谷は8回守備から右翼のポジションに就いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY