ダルビッシュ、7回1失点好投で5勝目も「無理っすね」 “難敵”はデーゲーム朝食?

会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)

7回5奪三振7安打1失点「体の状態が自分の中で元気がなかった」

■パドレス 9ー2 マリナーズ(日本時間24日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地のマリナーズ戦で先発登板した。7回5奪三振7安打1失点と好投し、今季5勝目を挙げた。防御率1.75はリーグ4位。「単純に体の状態が自分の中で元気がなかった感じだったので。フォーム的には自分の中で心配するほどではないかなと思います」と振り返った。

 走者を背負いながらも試合を作った。5回2死二塁から投手・ダンに同点の右越え適時二塁打を浴びたが、同点の6回1死一、三塁のピンチではゴドイを二ゴロ併殺打に。3点を勝ち越した7回も併殺打でピンチを凌いだ。「最後の(併殺打)はとにかく四球を出さないように。スライダーを真ん中辺りに投げて、アウトになってくれれば嬉しいなという。神頼み的な感じでやったらゲッツーでした」と喜んだ。

 7回で93球(ストライク63球)を投げ、5奪三振無四球、7安打1失点だった。デーゲームはあまり得意でないというが、きっちり試合を作った。試合前までの準備について、ダルビッシュは「妻が朝ご飯を用意してくれましたけど、あまり食べられず。もうちょっと食べた方がいいよなと思って、球場に来てからバナナを食べて。それ以外はいつも通りですね。ただ、もうちょっと食べた方がいいのかなと思います。(朝食は)無理っすね。どう頑張っても無理ですね。入らないので」と明かした。

 主砲タティスJr.が12号ソロ、13号満塁弾と2発6打点の大暴れを見せた。ダルビッシュは「すごい、本当にすごい打者だなと思います」と称えた。チームは9連勝。地区首位をがっちりキープした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY