NPBが交流戦開催要項の一部変更を発表 コロナ禍で順位決定方法を変更

NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:荒川祐史】
NPBの斉藤惇コミッショナー【写真:荒川祐史】

全日程が消化できなかった場合、6月17日終了時点での勝率1位球団が「優勝球団」に

 日本野球機構は24日、新型コロナウイルスの感染拡大のため、25日から始まる「日本生命セ・パ交流戦」の開催要項を一部変更したと発表した。変更となったのは順位決定の方法などとなる。

 交流戦では勝率第1位球団が「交流戦優勝球団」となる。現在、広島に感染者が続出している状況もあり、交流戦期間の6月17日までに全日程が消化できない可能性も。そのため、日程が消化できなかった場合、6月17日終了時点での勝率第1位球団を「交流戦優勝球団」とすることに。また、この場合「15試合以上を消化し勝率.500以上」が条件となる。

 ただし、試合消化が15試合に満たない球団でも、未消化試合を負け試合として加算し、それでも勝率が1位球団を上回る場合は、その球団が「交流戦優勝球団」になる。もし、全球団が未消化に終わった場合、全球団が未消化試合を負け数に加算し、その勝率で「交流戦優勝球団」が決まる。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY