交流戦がいよいよスタート 野球大好き有識者6人に直撃! 優勝チーム、注目選手は?

交流戦を前に、野球大好き有識者6人にアンケートを実施【写真提供:DAZN】
交流戦を前に、野球大好き有識者6人にアンケートを実施【写真提供:DAZN】

尾崎世界観、岡崎体育、伊集院光、岡田圭右、武井壮、井戸田潤にアンケート実施

 早くも開幕から2か月が過ぎようというプロ野球2021シーズン。セ・リーグでは阪神が圧倒的な強さを誇る一方、パ・リーグでは例年以上の混戦模様が展開されている。梅雨空もモノともしない熱戦が繰り広げられる真っ只中の25日、ファン待望の「日本生命セ・パ交流戦 2021」がスタートする。

【PR】マルチライブ中継「BASEBALL ZONE」で交流戦を満喫しよう! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年はコロナ禍の影響により実施されず、2年ぶりとなる交流戦。ファンにとって普段は見られない貴重な対戦が楽しめる場だが、同時に各チームにとっては「交流戦を制するものはペナントレースも制する」と言われるほど、ここでの成績が後に優勝争いに大きな影響を与えることもある。

 2019年以前の5シーズンを振り返ってみると、ヤクルトが優勝した2018年を除き、ソフトバンクが貫禄の4度優勝を記録。リーグ間の勝敗を見てみると、交流戦がスタートした2005年以来、2009年を除く14シーズンでパ・リーグが勝ち越している。

 今季の交流戦はどんな展開となるのか、誰しも気になるところ。そこで「Full-Count」では、大の野球好きとして知られる尾崎世界観さん、岡崎体育さん、伊集院光さん、岡田圭右さん、武井壮さん、井戸田潤さんにアンケートを実施。「DAZN」で配信される「BASEBALL ZONE」でMCを務める6人の著名人が期待する交流戦とは……?

 ◇ ◇ ◇

【アンケート項目】
(1)交流戦の優勝予想チームは?
(2)セ・パ、勝ち越すのはどちら?
(3)ダークホースとなりそうなチームは?
(4)交流戦の注目選手は?
(5)過去の交流戦で印象に残ったシーンは?
(6)これだけは伝えておきたい、今季交流戦の注目ポイントは?

◇尾崎世界観さん(ヤクルト推し)
(1)阪神
(2)パ・リーグ
(3)オリックス
(4)オリックス・宮城大弥投手、西武・平良海馬投手、ロッテ・マーティン外野手
(5)2005年のヤクルト-ソフトバンク戦で、石川(雅規)投手がバティスタ内野手に(死球を)当ててしまい、怒ったバティスタがマウンドに走っていった……と思ったら、すぐに向きを変えて一塁に走っていった場面。2015年のヤクルト-ロッテ戦で、シーズン途中に独立リーグからヤクルトに加入したデニング外野手が打った逆転満塁ホームラン。球場のライトスタンドで見ていて、感動しました。あと、交流戦でロッテの応援を見るのがいつも楽しみです。他のチームの応援にはない勢いがあって、見ていて興奮します。
(6)ヤクルトの近藤(弘樹)投手が古巣の楽天打線を抑えるところを見たいです!

【PR】マルチライブ中継「BASEBALL ZONE」で交流戦を満喫しよう! プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

伊集院さんの注目は「セの足のエキスパートたちvs甲斐キャノン」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY