「史上最高のマスコット」 子どもを打球から守り犠牲に…愛くるしい一幕に感動

フロリダ大のマスコット「アルバート」(右)【写真:Getty Images】
フロリダ大のマスコット「アルバート」(右)【写真:Getty Images】

子どもに覆い被さり、スタンドに飛んだ打球から守ったフロリダ大マスコット

 中日の「ドアラ」やヤクルトの「つば九郎」など、特徴的で愛くるしいキャラクターでファンからも人気の各球団のマスコットたち。そんなマスコットが、身を挺して子どもを守る一幕があり、米で話題となっている。

 米スポーツ専門チャンネル「ESPN」の人気番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが紹介したのは、フロリダ大学のマスコット「アルバート」。ノースフロリダ大との試合中の出来事だった。

 子どもと並び、スタンドに腰を下ろしていたアルバート。そこに打者が放ったファウルボールが飛んだ。アルバートは覆い被さるようにして隣の子どもを守ろうとすると、その頭を打球が直撃。その衝撃でアルバートはその場に倒れ込んだ。すると、子どもはアルバートの“心臓マッサージ”を行った。

「マスコットが子どもを救い、子どもが恩返しをした」と紹介された動画には「美しい瞬間だ」「素晴らしいスポーツマンシップだ」「彼はヒーローだ」「史上最高のマスコット」「給料上げてやれ」「プライスレス」と、喝采のコメントが寄せられていた。

【動画】子どもを守り犠牲に… マスコットの頭部に打球が直撃する瞬間

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY