オリ増井が達成なら“NPB史上初”の快挙 「12球団勝利」が期待されるパ投手は?

楽天・岸孝之、オリックス・能見篤史、ロッテ・美馬学、オリックス・増井浩俊(左上から時計回り)【画像:パ・リーグ インサイト】
楽天・岸孝之、オリックス・能見篤史、ロッテ・美馬学、オリックス・増井浩俊(左上から時計回り)【画像:パ・リーグ インサイト】

楽天・岸孝之は今季こそ天敵攻略となるか

「日本生命セ・パ交流戦 2021」が25日に開幕する。レギュラーシーズンでは唯一となるセ・リーグ球団との対戦に加え、2年ぶりの開催とのこともあって楽しみにしていたパ・リーグファンも多くいるだろう。

 そんな中、複数球団に所属した投手に期待される記録が“12球団勝利”。2005年に交流戦が開始されてからは、単独リーグ所属で達成できるようになったこともあり達成人数が増えているものの、現在までに両リーグ合わせて18人しか達成していないことを考えると、いかに成し遂げることが難しい記録かがわかる。そこで、交流戦で12球団勝利が期待されるパ・リーグの投手を紹介する。

 まずは西武と楽天で通算134勝を挙げ、パ・リーグを代表する右腕である岸孝之投手。今季は2年ぶりに開幕1軍を掴み取ると、初登板で12球団最速となる完封勝利をマークした。4月6日の古巣・西武戦では3年越しで史上初となる2球団での2桁連勝を挙げるなど、ビッグネームが集まる楽天先発陣の中でも存在感を示している。

 岸は2017年5月7日の西武戦で、パ・リーグ全6球団からの勝利を達成している。交流戦では歴代7位タイとなる通算21勝をマーク。特に中日に対しては12戦8勝と抜群の相性を誇っている。

 一方で、15年間のプロ生活で唯一白星を挙げられていない相手が広島だ。通算11戦で0勝8敗、ビジターの登板では4試合全てで負け投手となるなど苦戦を強いられている。2019年の交流戦は本拠地・楽天生命パーク宮城で登板するも、7回3失点の内容で敗戦投手となった。今季の楽天-広島戦は、マツダスタジアムで開催。登板が実現すれば、岸にとって鬼門となるが、今までの雪辱を果たすマウンドとなるだろうか。

ロッテ美馬学がレギュラーシーズンで唯一勝てていない相手とは

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY