菊池雄星、7回途中3安打1失点で今季2勝目 腰の痙攣で降板も指揮官「大丈夫」

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

左の背中を気にする仕草も軽症見通し…次回も「予定通りの日程で」

■マリナーズ 4ー2 アスレチックス(日本時間25日・オークランド)

 マリナーズの菊池雄星投手は24日(日本時間25日)、敵地でのアスレチックス戦で6回0/3を3安打1失点と好投し、今季2勝目を挙げた。自身の連敗は「2」で止め、チームの連敗も「6」でストップ。スコット・サービス監督は試合後、7回途中に降板した菊池の症状は腰の痙攣だと説明した上で「彼は大丈夫だろう」と見通した。

 菊池は3回2死から1番のキャンハにソロを浴びたが、4回は3者凡退に。先頭に右前打を浴びた5回も後続を危なげなく斬り、6回は1四球を出したのみで快音は許さなかった。7回も続投したが、先頭のラウリーに遊撃内野安打を許した直後に自らタイムを要求。左の背中付近を気にする仕草を見せ、表情を歪める場面もあった。6回0/3で88球を投げ、3奪三振、2四球、防御率4.02。勝敗こそ黒星が1つ先行しているものの、5試合連続でクオリティスタート(6イニング以上で自責点3以下)を達成した。

 指揮官は「またとても素晴らしい登板だった。ここまで、とても良いシーズンを送っている」と評価。菊池の腰については「6回までは特に何も言っていなかった。次の登板にも全く問題はないと思っている。ただの腰のけいれんだ」と強調した。7回時点でまだ80球程度だっただけに「もう少し投げてほしいと思っていたが」と本音ものぞかせた。次回登板について問われると「予定通りの日程でいけると確かに思っている」と話した。

 菊池にとっては、4月29日(同30日)のアストロズ戦以来、およそ1か月ぶりの白星。メジャー3年目で通算10勝目にもなり、2016年の前田健太以来となる日本人投手20人目の「10勝&200奪三振」に達した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY