大谷翔平、「2番・DH」で両リーグトップタイ15号出るか 韓国人左腕ヤンと対決

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ブルージェイズ・ゲレーロJr.は1試合2発でリーグ単独トップ15本塁打

■エンゼルス ー レンジャーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地のレンジャーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場する。6試合ぶりの15号本塁打が期待される。

 ブルージェイズのゲレーロJr.が24日(同25日)のレイズ戦で今季14、15号のマルチ本塁打を放ち、リーグ単独トップに躍り出た。大谷はゲレーロJr.に追いつけるか注目が集まる。

 レンジャーズは左腕ヤン・ヒョンジョンが先発する。大谷は4月26日に対戦し、三塁前へセーフティバントを決めた。今季、対左投手には打率.200(50打数10安打)、4本塁打、9打点をマークしている。

 23日(同24日)の本拠地・アスレチックス戦ではベンチスタート。1点差の7回1死満塁に代打で登場し、同点の右犠飛を放った。8回守備からは右翼のポジションに就き、チームの4点差逆転勝利に貢献した。

【エンゼルス】
1(左)アップトン
2(指)大谷翔平
3(三)レンドン
4(中)ラガレス
5(遊)イグレシアス
6(一)ウォルシュ
7(右)ウォード
8(捕)スズキ
9(二)フレッチャー
投手 ヒーニー

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY