大谷翔平、球団最速188キロ弾 指揮官称賛「速かった、力強く集中している」

第3打席で15号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で15号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

15号3ランで本塁打争いトップのゲレーロJr.に1本差に迫った

■エンゼルス 11ー4 レンジャーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地のレンジャーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場し、4回の第3打席で本塁打争いトップに1本差となる15号3ランを放った。打球速度117マイル(約188.3キロ)は自己最速の本塁打。スタットキャストでの計測が始まった2015年以降では球団最速の本塁打となった。ジョー・マドン監督は「速かったね」と振り返った。

 周囲の度肝を抜く一発は4回2死一、三塁だった。2番手右腕デゲウスから右翼ポール際へ一直線。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.に1本差に迫った。本塁打かファウルか――。マドン監督は本塁打となる確信があったという。「バットに当たった時、打球の速さからしてフェアゾーンに残ると思った」。では、大谷の弾丸ライナー弾を三塁ベンチからどう見ていたのか。

「あれだけしっかり引っ張ると、速度的には真正面(中堅方向)の当たりよりも高い数字が出るのかもしれない。(強い打球が打てるのは)それだけ力強くて集中しているから。ダグアウトから見ていても驚きはないよ」

 米メディアを騒然とさせる一発だったが、日頃から間近で見ている指揮官にとっては大きなサプライズではなかったようだ。3打数1安打3打点。チームの2桁11得点大勝に貢献した。打者・大谷が休養日明けの8連戦初戦で好スタートを切った。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY