大谷翔平の188キロ超速弾は「基本的には不可能」 同僚が語った15号3ランの難しさ

15号3ランを放ちチームメートに出迎えられるエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:AP】
15号3ランを放ちチームメートに出迎えられるエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:AP】

大谷の打棒は異次元の領域「自分自身のルールでプレーしている」

■エンゼルス 11ー4 レンジャーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地でのレンジャーズ戦で、本塁打争いトップに1本差となる15号3ランを放った。打球速度117マイル(約188.3キロ)で、自己最速の本塁打に。スタットキャストでの計測が始まった2015年以降では球団最速の一発ともなり、同僚たちも驚きと称賛の声を上げた。

 大谷は「2番・DH」でスタメン出場。迎えた4回2死一、三塁での第3打席だった。振り抜いた打球は、あっという間に右翼ポール際へ一直線。16本塁打で両リーグトップを走るブルージェイズのゲレーロJr.を猛追する“超速弾”になった。

 規格外の一発に、同僚たちも注目。2回に11号2ランを放った一塁手のウォルシュは、同じ左打ちとしての見解を語った。内角の球を引っ張りながらもファウルにならなかったことに対し「(普通の人間なら)基本的には不可能だと思うよ」と表現。ただ、打撃練習から大谷のパワーは見ているだけに「彼は自分自身のルールでプレーしている。何をするにしても、今の僕は驚かないよ」と語った。

 この日2安打を放った中堅のラガレスは、打つたびに衝撃を与える大谷の本塁打について「(見ていて)楽しいよ。毎試合プレーしている姿を見ているんだ。アンビリーバブルだよね」とワクワクが抑えきれないよう。ファンやメディアだけでなく、チームメートまでも虜にする大谷のバットは、底が知れない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY