広島ドラ1栗林のブレークを開幕直前に確信… 高橋慶彦氏が重要視する“冷や汗登板”

広島・栗林良吏【写真:荒川祐史】
広島・栗林良吏【写真:荒川祐史】

ドラフト制後最長のデビュー以来17試合連続無失点

 選手らに新型コロナウイルスの陽性判定が続出した広島は、5試合の延期を経て、27日の西武戦(マツダ)が交流戦開幕となる。3月の開幕からチームを支えてきたひとりが、ドラフト1位ルーキーの栗林良吏投手。守護神としてデビュー以来17試合連続無失点をマークし、ドラフト制後の新人記録を更新中だ。活躍の要因はどこに? 球団OBで元スター内野手の高橋慶彦氏が分析した。

 栗林は17試合で17回2/3を投げ、わずか5安打、7四球。29三振を奪い、無失点に抑えている。さらに言えば、オープン戦も4試合に登板して無失点だった。まさに“ミスターゼロ”。当初、守護神の筆頭候補だったヘロニモ・フランスア投手が開幕前に右膝を手術して離脱。その穴を埋めて余りある活躍ぶりだ。

 常時150キロ前後を計測するストレートにも威力があるが、高橋氏は「凄いのはフォークボール」と注目する。特徴について「落差もエグイが、それだけではない。プロの投手でもフォークと言えば、ワンバウンドになってもいいから、とにかく低く投げるのが普通だが、あの子はストライクも取れる。真っすぐを投げる感覚でフォークをコントロールできる」と指摘。「俺の現役時代で言えば、村田兆治さん、遠藤一彦さん、佐々木主浩もそうだったが、誰でもできるという芸当ではない」と伝説的なフォークの使い手になぞらえた。

 これまでほぼ1イニング限定の栗林が唯一、回をまたいだのが5月8日の中日戦(バンテリンドーム)。4-3と1点リードで迎えた8回1死満塁という絶体絶命のピンチで塹江を救援すると、代打・井領を4球連続フォークで投ゴロ併殺打に仕留めた。続く9回も無死一、二塁のピンチを招いたが、滝野を速球とカーブで見逃し三振、続く4番・ビシエドにはフォーク5連投で空振り三振、高橋周もフォークで二ゴロに仕留め、得点を許さなかった。ここぞという場面で最も頼りになるのは、やはりフォークなのだ。

高橋氏「オープン戦最後の登板であっぷあっぷした、あれが良かった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY