エンゼルスは大谷翔平を「無駄にしようとしている」 今季の戦いはメジャー最低の評価

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

CBSスポーツ選定、最低の「F」評価はエンゼルスとツインズの2球団

 メジャーリーグが開幕してもうすぐ2か月。コロナ禍によって試合消化にチーム差はあるが、おおむね4分の1が終了し、今季の勢力図が見えてきた。米メディア「CBSスポーツ」は各球団の戦いぶりをランク付け。大谷翔平投手が所属するエンゼルス、前田健太投手のツインズは最低評価の「F」となっている。

 CBSスポーツによると、今回の“通信簿”は絶対評価で、開幕前の期待値も考慮。順位やパワーランキングではなく、現有戦力と比較した成績を評価している。最高ランクはレイズの「A+」。ダルビッシュ有投手をトレードで獲得したパドレス、澤村拓一が加入したレッドソックス、そしてジャイアンツが「A」で続いている。

 そして、下位に目を転じると最低の「F」に2球団。それがエンゼルスとツインズだった。

 26日(日本時間27日)終了時で借金「5」でア・リーグ西地区4位のエンゼルスについては「単にマイク・トラウトの全盛期を無駄にするだけでなく、彼らは今、歴史的な信じられない二刀流のシーズンを送っているショウヘイ・オオタニも無駄にしようとしている」と辛辣。さらに「トラウトとアンソニー・レンドンの怪我はもちろん酌量の余地を与える要因だが、投手陣は(もちろんオオタニを除いて)容認できないほどに救いようがない」と断じた。同日時点でのチーム防御率はメジャーワーストの5.26。「なんて冗談だ」と皮肉っている。

 ア・リーグ中地区2連覇中のツインズは20勝29敗で4位に沈む。「過去2年はともにア・リーグ中地区を制し、多くの人が今年も制するだろうと思っていた。代わりに、彼らは球界で最低のチームの1つになっている」とこちらも手厳しい。「今にも巻き返し始めるかもしれないが、巨大な墓穴を掘ってきた。通信簿の話をしているので、この表現を使おう:彼らはここまで2021年で最低の生徒だ」とまで酷評している。

【表】「CBSスポーツ」の“通信簿”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY