「桑原がしっかり準備してくれた」 DeNA三浦監督が懲罰交代から一夜明けて称えた真意

DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】

セ最下位低迷も交流戦開幕カードに勝ち越し

■DeNA 11ー8 オリックス(27日・横浜)

 DeNAは27日、横浜スタジアムで行われたオリックス戦に11-8で勝利。今季の交流戦開幕カードを2勝1敗で勝ち越した。前日の2回に3点タイムリーエラーを犯し早々とベンチに下げられた桑原将志外野手は、この日スタメンを外れ、代わりに「1番・中堅」で14試合ぶりに先発した神里和毅外野手が4号ソロを含む4打数2安打1犠飛3打点と活躍した。

 先発ロメロが初回、いきなり吉田正に先制11号2ランを浴びたが、その裏に先頭の神里が右翼席へ4号ソロを放ち反撃開始。なおも2死一、三塁とし、ソトの左越え8号3ランで一気に逆転した。神里は3回1死満塁での第3打席でも中犠飛。5回1死満塁での第4打席でも左前適時打を放った。試合後は2本塁打を含む3安打1犠飛6打点のソトとともに、お立ち台に上がりファンの声援を浴びた。

 DeNAの「1番・中堅」のスポットは、5月に入ってから月間打率.311(74打数23安打)と調子を上げた桑原が占めるようになっていた。ベンチを温めることが増えている神里は「チャンスが少ないのは分かっている。悔しい気持ちもあるが、出番はいつ来るか分からない。その時のためにコツコツ準備していれば、結果もついてくると思っています」と述懐した。

 三浦大輔監督は試合後、「全員が試合に出たいという気持ちを持っている。神里に限らず、普段(スタメンで)出られない選手もしっかりアピールしてくれている。こういう相乗効果がどんどん生まれてくれれば」と目を細めたが、指揮官の流儀が良く表れていたのは、むしろスタメンから外した桑原の扱いの方だ。

 桑原は前日の同カードの2回、2死満塁でモヤの平凡な中飛を落球。味方の先発・大貫が初回から乱調で、いきなり劣勢に立たされていたとはいえ、集中力を欠いていたと言われても仕方がないプレーだった。三浦監督は、桑原が3回の打席で凡退すると、4回の守備からベンチへ下げた。“懲罰交代”だった。

平凡フライ落球で懲罰交代も…三浦監督「途中から行くぞ」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY