オリックスに2勝1敗 セ・リーグ最下位のDeNAが交流戦開幕カードで勝ち越せた理由

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

敵将オリ中嶋監督「明日はソトもオースティンもいない」

■DeNA 11ー8 オリックス(27日・横浜)

 セ・リーグ最下位を低迷するDeNAが、本拠地・横浜スタジアムで行われた今季交流戦開幕カードでオリックスに2勝1敗と勝ち越した。ネフタリ・ソト内野手&タイラー・オースティン外野手の外国人パワー、そして“地の利”を存分に生かした結果だった。

 敵将のオリックス・中嶋聡監督は、もう懲り懲りといった口調でこう語った。「(今季のDeNA戦は)もう終わったので、いつまでも引きずっていられない。明日はソトが打席に立つわけじゃないし、オースティンがいるわけでもない。切り替えてやります」。

 ソトはこの3連戦で5安打(12打数)を放ち、そのうち4本が本塁打。27日の3戦目には、1回に相手先発・張奕のカットボールを、6回には3番手・漆原の150キロ速球をとらえ、いずれも左翼席へ放り込んだ。三浦大輔監督は「1本目は変化球、2本目はストレートを遅れずにとらえた。状態は上がってきている」と目を細めた。ソト本人もお立ち台で「イツモオーエン、アリガトーゴザイマス」、「(2発目の感触は)チョースゴイ!」と来日4年目で流暢になった日本語を駆使し上機嫌だった。

 オースティンもこの3連戦で12打数7安打。2戦目に19歳左腕・宮城からバックスクリーン左へ打ち込んだ特大の7号2ランは衝撃的だった。3戦目の8回には、やや左中間寄りの中前への当たりで迷わず一塁を蹴り、二塁を陥れた。助っ人の抜け目のなさ、次の塁を狙う意欲はチーム全体を鼓舞した。

DeNA三浦監督「勝ち越せたのは良かった、次に繋げていくだけ」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY