大谷翔平、事故渋滞→地下鉄乗り換えで先発登板延期 鉄道会社は感激「なんと光栄」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

サンフランシスコ鉄道バート「このニュースに我々も心を痛めています」

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間28日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)の敵地・アスレチックス戦の先発登板を「交通トラブル」で回避した。これに対し、思わぬところから感激の声が寄せられた。サンフランシスコ・ベイエリアを走る地下鉄「バート」は公式ツイッターで「スーパースターのショヘイ・オオタニを乗せるだなんて、なんと光栄なことでしょう」と異例のツイートをした。

 当初、大谷は今季7度目の先発登板が予定されていたが、交通アクシデントに見舞われた。サンフランシスコ市内の宿舎からチームバスで敵地・オークランド入りする際、他の交通事故で周辺が大渋滞。地下鉄バートに乗り換えて球場入りしたため、登板準備に十分な時間を割けなかった。そのため、急きょ指名打者での出場となっていた。

 マドン監督は試合前会見で地下鉄でも遅延があったと説明していた。だが、バートは「ベイブリッジで事故が起きた際、球場行きの電車に遅延はなかった。オペレーション・コントロール・センター(以下OCC)でも確認しています」と説明。続けて「OCCに確認した従業員もオオタニの投球を見るためにバートに乗っていた。非常に残念なことだ。このニュースに我々も心を痛めています」とつづった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY